人に言えない漫画もこっそり読める

電子書籍マンガのススメ

まんが王国記事上

コウノドリのネタバレあらすじ試し読み!鈴ノ木

投稿日:

コウノドリは産婦人科医であるこうのとり先生、四宮先生、助産師の小松さんたちが必死に母体と新しい命を助けようとする作品です。新しい命の誕生といううれしい話もある一方で流産や死産と向き合うなど悲しい話も含まれていますが、命について考えさせられる作品だと思います。

また、TBSからドラマ化されたことで世間に広まりました。作者の鈴ノ木ユウは大学卒業後はロックスターを目指していたが突然漫画を書くことを思いついたそうです。医療ものの生と死を扱う話の中にも、先生と助産師の小松さんの面白いやりとりが描かれており、鈴ノ木先生らしさの含まれる作品だと感じます。

コウノドリは現在16巻が2016年12月22日に発売されています。コウノドリのモデルとなった病院は実際に存在する病院で医師も実際に存在している先生のようです。漫画のなかでの主人公であるコウノドリさくらは産科医であるとともにジャズピアニストでもあるのです。この設定は漫画の作者である鈴ノ木ユウの妻の出産の時に出会った先生をモデルとして書かれているそうです。

16巻までの内容で特に驚いたものは、産んで子供を病院に残したままいなくなってしまうお母さんや、野良妊婦といって妊娠に気づいても妊婦健康診断を受けないままに出産してしまう、出産の予約をとらずに救急で受診し出産となってしまう飛び込み妊婦の話などです。漫画だからこそ読める内容でもあるように感じます。現代のお産の問題を描いた作品です。

まんが王国記事下

-未分類

Copyright© 電子書籍マンガのススメ , 2017 AllRights Reserved.